侮れない商品価値を高める容器の魅力~陽気に容器選び~

男性

設計で欠かせないもの

作業員

金型や部品加工は、製品設計では欠かせないものです。製品の土台となる部分ですが、技術力がある専門業者に依頼することで、スムーズに製品作りをすることができます。自社内で作るよりもメリットが多いです。

詳しくはコチラ

液体を取り扱うのに最適

Orange

液体を使用している企業は、プラスチック容器を使っていることが多いです。専門業者に製造を依頼することで、プラスチック容器のカスタムオーダーをすることも可能です。食品会社、化粧品会社、薬品会社などにおすすめです。

詳しくはコチラ

販売意欲を湧かせる

男性

商品の製造では、金型や部品加工が必要なだけではなく、アルミ鋳物やプラスチック容器などが必要になる時もあります。容器が必要な製品を製造しているなら、容器を専門に取り扱っている会社を利用した方が良いです。容器というのは、商品に直接関係してくるものではありませんが、必ず必要なものです。専門店から容器を大量に購入した方が、手間を省くことができます。通常容器を購入する場合は、1,000個単位のまとまった数量で注文しなければならないことが多いですが、専門店によっては、ケース単位で販売していることも多いです。そのため、大量に容器を購入する時も、100個~500個程度で必要な時にも対応してくれます。

容器と言っても、種類は様々あるので、用途によって使い分けることができます。スプレータイプ、ポンプタイプ、トリガー容器、キャップ容器、クリーム容器、スポイド容器、チューブ容器などがあります。フィンガースプレーは、香水や消臭剤などの容器として使われていることが多いです。液体だけではなく、粘度のある物を入れる容器もあるので、クリーム系の製品を製造している企業も利用できます。容器をただの入れ物と思っている方も多いですが、容器も販売意欲を湧かせるポイントの1つです。容器のデザイン性が高かったり、形がスタイリッシュだったりすると、高級感がありますし、思わず手にとってみたくなるものです。商品に最適な容器を見つけて、商品の価値を高めましょう。

強くて錆びにくい

男性

耐久性がありながら、軽い、錆びないという特徴があるのが、アルミ鋳物です。そのような特徴を活かして、柱やフェンス、ドアなどに使われていて、建設に関する企業には欠かせないものになっています。

詳しくはコチラ

高品質だけど低価格!便利な中古パレットはこちら